催眠療法 レイキヒーリング 東京

ヒプノセラピー レイキヒーリング 東京 杉並区 ヒプノセラピー ストレス

催眠療法 レイキヒーリング 東京 杉並区 ヒプノセラピー ストレス
心理療法の流れ 料金表

催眠療法 レイキヒーリング 東京 杉並区 ヒプノセラピー ストレス
催眠療法 (ヒプノセラピー)
レイキヒーリング
レイキ・マッサージ&オイルマッサージ
マスターコース ・ 教室
体験談
Q&A

催眠療法 レイキヒーリング 東京 杉並区 ヒプノセラピー ストレス
スタッフ紹介
お問い合わせフォーム : サイトポリシー
About Reiki Treatments:English
ブログ

催眠療法 レイキヒーリング 東京 杉並区 ヒプノセラピー ストレス
 
 
 
 

催眠療法 レイキヒーリング 東京 杉並区 ヒプノセラピー ストレス
  体験談
よくある質問をまとめてみました。ご紹介します。

症状が治っても催眠がとけるとまた元にもどるのではないですか?
    
     答: 症状が治るということは自分の自己イメージが変わったことになりますから、
         その後は変わったままの自分でいれますから大丈夫です。


催眠をはいりやすくすることはできますか?
    
     答: できます。
         自律訓練法を一ヶ月から三ヶ月間毎日おこなっていると、
         重感や温感を言われただけで感じるようになります。
         その状態はすでに催眠状態と同じです。
         すると暗示も入りやすくなります。

催眠に深く入りたいのですが、できますか?
    
     答: 催眠に入っていく深さはその人の能力、資質(被暗示性が高いか低いか)
        ですから望んでも深くすることはできません。テクニックで多少は深められます。

催眠が醒めないとどうなりますか?
    
      答: 催眠は必ず醒めます。覚醒をしなくても醒めます。ただ、われわれは気分よく
         醒めていただきたいので、すっきりと気分よく醒めます!
         と暗示をいれて醒まします。

催眠療法とはどのようにおこなわれるのですか?
    
      答: 催眠に誘導する方法はいくつかあり、被験者の催眠の反応によっても
         違います。
         症例にそって簡単な流れをご説明します。

      ( 例 )  人前や大勢の前だと緊張し震えそして赤面して話すことができない
      ステップ1.リラグゼーション
      ステップ2.誘導しながら催眠状態にする 
             ( ぼっーとした気持ちの良い状態になる )                
      ステップ3.自律訓練法をおこなう
             ( 自律訓練法とは自律神経を自分で調整できるようにすることです。
              自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経が
              高まっているときに緊張は高まり副交感神経が高まってくると
              リラックスが深まり緊張が緩みます )
      ステップ4.暗示をいれる
             ( 問題になっている場面 ―会議中や朝礼やプレゼンテーションなど―
              で大勢の人の前で、落ち着いて堂々と自信をもって話をしている
              自分をイメージする )
      ステップ5.暗示を定着させる
      ステップ6.覚醒

退行催眠とはどんなことですか?どんなふうになるのですか?
    
      答: 退行催眠とは催眠暗示によって過去へ戻っていくことです。
         つまり年齢をさかのぼって若いころ・子供の頃に戻ることです。

         問題となっている症例の原因を探る
         抑圧された感情の開放
         現在も続いている建設的でない行動パターンや思考や感情の癖を明らかに
         するためなどにおこないます。

         表面化している症状はおおかた幼少期の環境が大きく影響していると
         いわれています。
         催眠状態がある程度深くならないと退行できませんので、退行したいと
         望んだかたがすべて退行できるわけではありません。 
         症例や目的よってその方法は千差万別です。ここでは簡単な症例で
         説明します。

      ( 例 )  自分の言いたいことが言えない。みんなのなかに入っていけない
             「子供のころにいじめられた経験が原因になっている場合」 
      ステップ1.リラクゼーション
      ステップ2.催眠状態に誘導
      ステップ3.催眠を深化させる
      ステップ4.退行 
             いじめられた場面に戻る。いじめっ子にその時言いたかったことを言う。
             なんどもなんどもくりかえし言う。言った後の気持をあじわう。いじめっ子
             の反応をみる。
             いじめっ子の気持ちをみる。そしていじめっ子を許すことができたら許す
      ステップ5.覚醒

     この症例は原因が1つですが、ほとんどの場合家庭環境が複雑なことが多いです
     ので何度か退行をくりかえしながらおこなうことが多いです。

前世療法とはどのようにするのですか?
    
      答: 退行催眠がさらに退行して今世ではなく、前世まで戻ってしまうことです。
         今世のするべきことや、使命や、いま生きている意味を知る。
         前世でやり残したものを見つけるためなどにおこないます。
         前世でのショックが、今世に体の変調として現われている場合もあります。
         退行催眠がさらに深くなった状態ですから前世まで戻れる方は多くないです。 

      ステップ1.リラクゼーション
      ステップ2.呼吸法
      ステップ3.再度深いリラクゼーションのなかで催眠を深化させる
      ステップ4.前世にもどる 
             見えてきたもの(第一場面)を話してもらい性別・年齢・名前などを
             聞き環境を明確にする。
             その場面か次の重要な場面にうつす。第二場面、第三場面と進み
             死の場面で死ぬ直前の様子をみる。そして魂となって終えたばかりの
             人生を中立な立場からみる。
             魂として学んだことを思い返し再び肉体をもったときの魂の目標を聞く。       
      ステップ5.覚醒  

PAGEtopへ
PAGEtopへ

サイトマップ
サンプル画像 【HOME】
【サンガのメニュー】 [心理療法の流れ・料金表]
【催眠・レイキ療法】 [催眠療法(ヒプノセラピー)] [レイキヒーリング]
【ご案内】 [ヒーリングルームサンガ] [お問い合わせフォーム・サイトポリシー] [リンク集]

COPYRIGHT(C)2007 ヒーリングルームサンガ ALL RIGHTS RESERVED.
Catch: Wed Jul 18 06:16:39 2018
[jcode.pl:684:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 684.
[jcode.pl:684:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)
[jcode.pl:693:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 693.
[jcode.pl:693:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)

siteup.cgi with Perl 5.016003 for linux